薄肌で敏感なあなたへ!クレンジングはどれがいい?

 

刺激が強すぎない

 

肌が薄いと、クレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク
※オイルが最も強い

 

以上のことから、薄肌のあなたはジェル・クリーム・ミルクタイプがおすすめです。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

以上3つのポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

薄いお肌向けのおすすめクレンジングランキング

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp/

 

マナラ ホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

【マナラ 公式サイト】

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→https://www.manara.jp

 

ディセンシア つつむ クレンジング

 

 

  • 返金保証:30日間返金保証あり
  • 内容量:※初回はトライアルセット

  • 初回限定トライアル:1,470円
  •  

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
必要

 

 

ディセンシアは敏感向けに特化した化粧品シリーズです。

 

お肌が弱い、薄い人はまずはトライアルキットで試してみてはいかがでしょうか?

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

 

クレンジングの基礎

 

 

 

オイルクレンジングのメリット・デメリットと

 

オイルクレンジングはその名前からも分かる通り、成分のほとんどが油分で構成されているクレンジングです。そのため、メイクを落とす力が非常に強いというメリットがあります。ファンデーションなどは基本的に原料を油分としている化粧品を落とすには油分をたくさん含むオイルクレンジングを使用することが有効です。しっかりとアイメイクなどを施した際にもオイルクレンジングならスムーズに落とすことができる可能性が高いです。これがオイルクレンジングが人気となっている大きな理由です。

 

そんな便利なオイルクレンジングですが、デメリットがないわけではありません。メイクを落とす力が大きいことは肌に必要な油分までも奪ってしまうことに繋がります。その結果、敏感肌の方の場合に肌荒れを起こしてしまう恐れもあります。加えてそれほどメイクをしていない時にこのクレンジング剤を使用すると、メイク落としに使われなかった成分が肌へと負担をかけてしまうことがあります。しっかりメイクの時に使うのが有効な使い方と言えます。オイルクレンジングを使った後に肌荒れしてしまうという方はクリームなどで保湿を行うことによって、その状態を改善できる可能性もあります。

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

クレンジングには、オイルやクリーム、ミルクやジェル、シートタイプなどさまざまな種類がありますが、デリケート肌の人にぴったりなのがクレンジングクリームです。
クレンジングクリームのメリットは、肌トラブルが絶えないという人にも比較的安心して利用ができるクレンジングの種類となり、メイクを落とす以外にもさまざまな効果が含まれている商品も多くあります。マッサージクリームと兼用できる商品も多く、別にマッサージクリームを買う手間や費用を削減することができるとともに、あえてマッサージの時間を作らなくても毎日のメイク落としの時間に一緒にマッサージも済ませることができて役立ちます。
一方、クレンジングクリームのデメリットとなってしまう点の一つに、使用感があります。べたつきがあるためにどうしてもダブルクレンジングの必要があり、手間や使用感で避けられてしまうこともあります。そして、メイク落としの力が弱いというデメリットも持っています。オイル分が少ないだけに肌への負担も減らすことができるのですが、肝心なメイク落ちに関しては劣る面があります。とくに、ポイントメイクになると別にポイントクレンジングを用意することは欠かせなくなります。"